テーマを設けたカラオケ

高校生の頃からカラオケにはまっています カラオケと言えば、2次回の定番です。友達とのランチの後や、合コンで食事会をした後、飲み会の後など、次にどこに行く?となったら、とりあえずカラオケに行こうか、というのが自然な流れです。私はあまりそうした流れが好きではありません。特に合コンのときなどは、初対面の人の前で、音痴な歌を歌うのがわりと苦痛です。しかも私は男性アイドルオタクなため、リア友や初対面の男性の前で歌ってもひかれない、私の年代の女子が歌うべき最近の流行りの歌がわからないのです。声の音域も狭いため、女性の曲をうまく歌いこなせないのも悩みです。

しかし、リア友とのカラオケは苦手ですが、オタク友達とは、何時間歌っても歌い足りない位楽しいです。ヲタ友とは、男性アイドル事務所の歌手縛りでひたすら歌います。普段はアルバム曲やカップリング曲などのマイナーな曲は、相手を考えて歌うのに躊躇してしまいますが、ヲタ友相手だと、マイナーな曲でも、相手も大概知っているため、なんの躊躇もなく歌うことができます。わざと恥ずかしいセリフを言ったり、ライブでのコールを入れたりと、ひたすら楽しいです。ですから、一人でも行ってみたいと思うのですが、なんとなく受け付けの目が気になり、まだ行ったことがありません。リア友と行くときの練習も兼ねて一人でいってみたいです。

Copyright (C)2017高校生の頃からカラオケにはまっています.All rights reserved.